疲労臭対策サプリランキング実力版

疲労臭の対策!人気のサプリランキング

疲れなどで肝臓のはたらきが弱まることでおこる「疲労臭」。肝臓で分解されなかったアンモニアが血液で全身を循環して、汗や皮脂に含まれてしまう事でツンとした体臭が発生します。

 

・過労ぎみ
・ストレスが多い
・肥満傾向
・よくお酒を飲む
・便秘がち

 

といった方、枕のニオイにアンモニア臭を感じたら「疲労臭」かも。そんな時には、アンモニア分解を助けるオルニチンが効果的です。シジミなどに含まれるオルニチンも、サプリなら手軽に摂れますよ。疲労臭対策サプリを、その実力順にランキング。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

協和発酵バイオ オルニチンの特徴

協和発酵バイオ オルニチンは、確かな技術と品質で安心の疲労臭対策サプリです。医薬品原料メーカーの研究を活かし、オルニチンをサプリメントに。シジミ100g(35個)でも10.7r程度しか含まれないオルニチンを、1粒にシジミ300個分も凝縮。1日目安の6粒で、オルニチン1日摂取目安の400r〜800rが摂れます。小粒で喉に引っかかりにくい錠剤。とにかく疲労臭対策をしたいという方におすすめのサプリです。

価格 500円
評価 評価5
備考 オルニチンサプリ

 

しじみ習慣の特徴

しじみ習慣は、黄金しじみ由来の疲労臭対策サプリです。原料は黄金しじみ100%。黄金しじみを煮詰めた超濃厚エキスをソフトカプセルに詰めています。疲労臭対策のオルニチンはもちろん、タウリンやビタミン、ミネラルなどしじみの栄養もすべて含有。1日2粒。疲労臭対策をしながら、しじみの栄養で肝機能UPもという方に。

価格 3,980円
評価 評価4
備考 黄金しじみ100%

 

しじみんの特徴

しじみんは、ヤマトシジミ由来の疲労臭対策サプリです。青森県産ヤマトシジミを貝殻から丸ごと使っています。オルニチンのほかタウリンなどシジミの栄養成分はもちろん、焼成貝殻からのカルサイトというカルシウム豊富な成分も含有。カルサイトは肝細胞の修復効果も認められています。1日6粒。疲労臭対策もしつつ、カルサイトで肝臓を元気にできたらという方に。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 ヤマトシジミ・ツルアラメ

 

オルニチンで疲労臭対策をする

 

アンモニアによって疲労臭が発生してしまいます。この疲労臭というのは、激しく体を動かして、体が疲れている時や、食事によってたくさんタンパク質を摂取した時に発生しやすくなっています。このアンモニアと言われる成分は有毒になっているのですが、肝臓が処理をして無毒・無臭の尿素になり、腎臓を介して尿として排出されています。

 

激しく体を動かすと体も臓器も疲れてしまいます。これによって、肝臓の処理力が下がってしまって、アンモニアを処理しきれなくなってしまいます。そのせいで、血中アンモニア濃度が高くなり、汗などと一緒に体外に排出されることになります。そのため、疲労臭というのはアンモニアのような臭いを放っているのです。

 

体の中に溜まっているアンモニア臭臭を発生させているわけですから、制汗剤を使ったとしても疲労臭対策をすることはできません。疲労臭対策をするのであれば、いかにして肝機能の働きを高めるのかを考えるようにしなくてはなりません。そのためにも、オルニチンを摂取するようにして、肝臓の機能のサポートをするようにしましょう。

 

外部からオルニチンを摂取することによって、肝臓のオルニチンサイクルが活発になって、アンモニアも処理されやすくなります。このオルニチンというのは、アミノ酸に分類されており、チーズやしじみなどといった食材に含まれています。オルニチンは肝臓のサポートをしてくれるだけではなく、疲労回復作用も期待できると言われていますから、疲れやすい人におすすめになっているのです。

 

実際にオルニチンを摂取するようになってから、疲労臭が改善されたという人も多いですので、毎日400mgから800mgのオルニチンを摂取するようにしたいところです。ただ、しじみなどでこれだけの量の摂取するのは現実的ではないですからサプリメントを上手に活用した方がいいでしょう。

 

ストレス臭や疲労臭のチェックをしよう

 

ストレスが溜まっている人の独特の体臭のことをストレス臭といいます。ストレスが溜まると、大量の活性酸素が作られるようになり、体の中の脂質が活性酸素によって過酸化脂質と言われるものに変化します。油をそのままにしてしばらくすると、油が変色してしまったり、悪臭を放つようになりますが、同じようなことが体の中でも生じてしまっているのです。

 

周りに相当ストレスをためているっぽい人がいるのであれば、さり気なく臭ってみてはいかがでしょうか?さらにこの過酸化脂質というのは、加齢臭の一因であるノネナールを作り出してしまいます。ですので、若くてもストレスが原因で加齢臭が発生してしまうということもあるのです。

 

まだ若いのに加齢臭が発生してしまっていては、かなりショックを受けてしまうことになりますので、可能なかぎりストレスを感じない生活をするように心がけるようにしましょう。ただ、ストレスの発散方法を見つけることも大変ですが、自分がストレス臭や加齢臭を放っていないかわからないという人も多いと思います。ですので、家族に体臭がしていないかチェックしてもらうようにしてみてください。

 

また、ストレス臭以外にも、疲労臭と言われる体臭もあります。体が疲れ果ててしまっていると、血液中にアンモニアや乳酸が多くなります。本来であれば、肝臓がオルニチンサイクルでアンモニアを無害化してくれるのですが、疲れなどによって肝臓も弱くなってしまいます。

 

そして、無害化されなかったアンモニアがたまり、血管内を通って、最終的に汗腺から出てしまいます。これが疲労臭と言われるものなのですが、アンモニア臭がしてしまいますので、かなり目立つ臭いになってしまいます。体が疲れてしまっている時に自分が疲労臭を放っていないかチェックしてみるといいでしょう。

 

また、疲労物質の乳酸は分解されると、アルデヒドといわれる有害物質になります。このアルデヒドに関連している物質も体臭を強くしてしまいますので、疲労が溜まってしまっている時には自分の体臭のチェックをこまめにしておいたほうがいいかもしれません。

 

疲労臭にしてもストレス臭にしても、脇や頭皮から匂いが出てしまっているということが多いです。特に頭皮というのは、相当な数の毛穴がありますし、臭いが毛髪にこびりついてしまいやすく、皮脂も大量に分泌されやすいですので要注意です。

 

腸内環境を改善させれば疲労臭も改善される?

 

腸内環境が崩れてしまっていると、加齢臭の原因になってしまうだけではなく、疲労臭を引き起こしてしまうこともあります。疲労臭はアンモニア臭を発していますから、加齢臭よりも不快な匂いになってしまいます。そもそも加齢臭というのは、ノネナールによって臭いを発しています。

 

ですので、加齢臭のみを改善させていこうと思うのであれば、善玉菌を腸内で増やしただけでは意味が無いのです。女性の場合、加齢臭の臭いも嫌でしょうが、それ以上に疲労臭のほうがきついですから、どうにか改善をしたいと思うのではないでしょうか?

 

この疲労臭を腸内環境で防いでいくためにはどのようにしていけばいいのでしょうか?まず腸内環境が乱れてしまっていると、悪玉菌がそれだけ多くなるということになります。この悪玉菌が増えると、腸の中でアンモニアが大量に作られるようになり、血液中に充満してしまって、汗とともに毛穴から出てしまいます。

 

そのため、疲労臭というのは、このアンモニアの臭いが出てしまっているのです。腸内環境を改善させるようにすれば、悪玉菌が減ることになりますので、作られるアンモニアも減ることになります。ですので、腸内環境を整えるということは、疲労臭改善に有効だとされているのです。

 

この腸内環境を改善させるためにはどのようにするべきなのでしょうか?腸の中には100種類以上の常在菌が存在しています。そして、乳酸菌やビフィズス菌のように腸の働きのサポートをしている細菌の事を善玉菌といいます。

 

善玉菌というのは、食べ物の消化及び九州のサポートをしたり、免疫力をアップしてくれる働きを持っています。反対に大腸菌などのような悪玉菌というのは、食べ物の中に含まれているタンパク質からアンモニア等のような毒素を作っているのです。

 

本来であれば、悪玉菌と善玉菌のバランスが維持されているのですが、疲れが溜まってしまっていたり、ストレスを貯めてしまっていると、悪玉菌のほうが優勢になってしまい、大量のアンモニアが作られることになります。これが疲労臭を引き起こす原因になっているのです。

 

善玉菌を増やすことによって、悪玉菌の数を減らすことができるようになります。乳酸菌などのような善玉菌というのは、悪玉菌のようにタンパク質を腐敗させるということはしません。ですので、アンモニアの合成を抑制させやすくすることができるようになり、疲労臭を改善していきやすくすることができるようになるのです。

 

この善玉菌というのは、納豆や味噌、ヨーグルなどのような発酵食品にもたくさん含まれています。ただ、発酵食品に含まれている善玉菌というのは、胃酸でほとんど死んでしまう事になります。ですので、オリゴ糖をしっかり摂取するようにして、腸内の善玉菌に餌を与えるようにした方がいいかもしれません。

 

更新履歴